横浜市南区にある障がい者地域活動ホームです。40名の個性豊かな利用者さんが活気あふれる活動をしています。

南福祉ホームむつみの概要

南福祉ホームむつみとは

「南区に活動ホームを作ろう!」 と、大きな希望を抱いて障がい児・者と関係者が立ち上がり、昭和62年に開所されました。

開所当時はくらき作業所のみの活動でしたが、平成5年に増築を行い当時蒔田で活動を行っていた「みなみ作業所」が転入 。開所当時のふれあいバザー

平成9年の十周年を機に「南福祉ホームむつみ」「くらき作業所」「みなみ作業所」の3運営委員会が統合されて、現在の強化型活動ホーム「南福祉ホームむつみ」がスタートしました。

地域の方をはじめ様々な方に支えられ、現在も活気ある活動を続けています。

 

「NPO法人るんと」になりました

「NPO法人南福祉ホームむつみ」と「NPO法人港南地域活動ホームひの」 が連結・連合することになり、法人名を「NPO法人るんと」に変更しました。

区をまたいだ機能強化型活動ホーム同士の法人統合(連結・連合)は、 組織力の強化と生活支援事業の充実を目標に、障がい者プラン第2期より 始まった取り組みであり、現在、横浜市内の機能強化型活動ホーム 全23館中9館(3法人)が実際にその成果を上げております。

港南区と南区でも法人統合(連結・連合)をすることによって、 障がいのある方とその家族の地域生活を支える拠点として、 より機能を発揮できるようにしていきたいと考えております。

☆「るんと」はドイツ語で“まるい”という意味です。 “角がなく丸くなってこれから繋がっていこう“という想い を込めて名付けられました☆

 

障害者地域活動ホームって何でしょうか?

障害者地域活動ホームは、1980年(昭和55年)に創設された横浜市独自の制度で、地域で暮らす障がい児者や、その家族の地域拠点として多様な機能を果たしています。
地域訓練会や地域作業所といった様々な地域活動を支援しながら、暮らしに必要なサービスを生み出し、デイサービスや生活支援、地域交流事業を展開しています。
障がい児者や家族にとっては「暮らしを支援してくれる場」であると同時に年齢や障がいを問わずに利用できる、仲間たちと出会える、地域との交流ができるという「身近な場」としての意義も重要です。
また、「障がい児者団体の活動拠点」としても機能しており、横浜市の施策上、たいへん重要な役割を果たしています。

 

おもな事業

南福祉ホームむつみ

すみれショップ

ぽれぽれ

  • 日中活動支援      詳しくは「ぽれぽれ」のページをご覧ください

たんぽぽ

  • 日中活動支援      詳しくは「たんぽぽ」のページをご覧ください

南福祉ホームむつみの軌跡

昭和62年 開所式「くらき作業所」が入り活動開始
平成 5年 増築完成「みなみ作業所」転入
平成 9年 10周年を迎える。

「南福祉ホームむつみ」「くらき作業所」「みなみ作業所」の
 三運営委員会が統合されて「機能強化型活動ホーム
 南福祉ホームむつみ」へ

デイサービス事業に加えて、生活支援事業がスタート
平成10年 すみれ作業所開所(むつみのブランチ作業所)
平成19年 20周年を迎える。
平成23年 障害者自立支援法(現、障害者総合支援法)
  「生活介護事業」に移行

ほのぼのグッズの店「すみれショップ」オープン
平成27年 1月 地域活動支援センターぽれぽれと合併

2月 地域活動支援センターたんぽぽ開所
平成28年 9月 生活支援ルーム移行に伴い、おもちゃ文庫事業開始
令和 2年 「NPO法人港南地域活動ホームひの」と連結・連合し「NPO法人るんと」となる

リンク